ピアノの基礎練習は基本ポジションから

ピアノ基礎練習は基本ポジションから

ピアノの基礎練習の第一は、基本ポジションの習得です。
これを疎かにすると、指の鍛錬や練習も効果半減です。

 

正しい姿勢で椅子に座り、手を鍵盤の上に置きましょう。
肘と手首は水平になるくらいです。
指は少し曲げた程度です。
手と指の力を完全に抜いて、鍵盤の上に指をそっと置いて下さい。
その時の、指の角度が、ピアノを弾く時の指の曲がり方です。
指を曲げすぎると、余分な力が入り、自由な動きの妨げになります。
正しい指の角度を確認しましょう。

 

次に、親指以外の指で鍵盤を、強く叩いたり、弱く叩いたりしてみて下さい。
鍵盤に触れる指先のどの部分が、最も強さを加減しやすい部分でしょうか。
決して指先ではないはずです。
指の腹の上部あたりが、標準的なポイントになるはずです。
常に、このポイントをしっかり意識してピアノを弾くようにしましょう。

 

ピアノの基礎練習は、基本ポジションの習得に始まります。
正しい指の角度、鍵盤を弾く指のポイントは、基礎練習の中でも最重要と言ってもいいかもしれません。