ピアノ初心者は最初はどんな曲から弾けば良いの?

ピアノ初心者は最初はどんな曲から弾けば良いの?

ピアノ初心者の人は、どのような曲から練習していけばいいのでしょうか。

 

歴史の長いピアノという楽器には、定番と言える練習パターンがあります。
バイエルに始まり、ツェルニー・ブルグミュラーから、ソナタへという流れです。

 

特にバイエルは伝統的に、ピアノの入門書として、多くのピアノ教室で使われています。
バイエルは106曲の練習曲があります。
ドレミを学ぶところから、音符、リズム、拍子を順に学べるよう構成されています。
最近では、バイエルに代わる教則本を用いる教室も多いようです。
しかしながら、初心者が最初に取り組む練習曲集の代表格であることに変わりはありません。

 

初心者の曲選びで、もう一つ重要なポイントは、退屈しないということです。
ともすれば、バイエルやハノンと言った練習は単調になりがちです。
単調さは、挫折のもとになります。

 

そこで、練習曲と共に、自分に好きな曲や弾きたい曲も、平行して練習するのが良策です。
難易度表示のある楽譜集があります。
初心者の方は、そのような楽譜集から自分の気に入った曲を選ぶのがいいでしょう。

 

ピアノ教室によっては、子供のために、テレビCMソングやアニメソングを取り入れる所もあるようです。

 

基本の練習曲と自分の気に入った曲の平行が、初心者の曲選びのポイントです。