大人のためのピアノ練習法

大人のためのピアノ練習法

大人になってからピアノを始める方が、取るべき練習方法はあるのでしょうか。
やはり、子供とは違った意識を持ってピアノ練習に取り組むべきです。

 

最も重要なのは、ピアノの練習を楽しくするということです。
大人がピアノを始める動機は、あくまで自発的なもののはずですね。
子供の場合は、親にすすめられてというのもが大半でしょう。
自発的に取り組むものほど、やらなければいけないという強制が無いので挫折しやすいのです。

 

ピアノの練習は、練習曲や指の鍛錬など、ともすれば反復の連続で単調になりがちです。
そこで、大人のピアノ練習には、知っている曲や、自分が弾きたい曲を必ず平行して練習するようにしましょう。
それが、自分がピアノを弾いているイメージに近づく実感をもたらし、上達も早くなるのです。

 

次に、指の柔軟体操です。
指に筋肉が固定してしまっていることは、大人の最大の弱点です。
少しでも弱点をカバーする練習は積極的にすべきです。
その意味で、指の柔軟体操は子供以上に、大切なメニューと言えるでしょう。

 

最後は、教室選びです。
大人の生徒受け入れを明記している教室を選びましょう。
そして、忙しい大人の生徒が学びやすいスケジュールを組める教室であることです。
夜でもレッスンがある、週末・休日にレッスンがある等はチェックポイントでしょう。

 

やはり、大人には大人のポイントがあるものです。
十分に認識して、ピアノ練習を楽しんでいきましょう。

 

大人から始めるピアノの練習方法はこちら