ピアノコード練習は耳で聞くことから

ピアノコード練習は耳で聞くことから

ピアノの練習は指を動かすことに集中しがちです。
でも、趣味でポピュラー等の演奏を目指す人には、コード奏法が重要な事が多いです。
複数の鍵盤を一緒に叩くだけと簡単に考えず、コードを上手に演奏する意識を大切にしましょう。

 

コード演奏のポイントは、まず複数の鍵盤を同時に叩くということです。
あたりまえのように聞こえるかもしれません。
しかし、同時性に気を配っているのといないとでは、演奏の美しさに大きな差がでます。

 

同時性の習得は、テクニックというよりも、意識を強く持つことです。
そして、自分の出す音を耳でよく聞くことです。
指のテクニック云々ではなく、耳で聞いて、美しいコードを奏でるポイントを指の感覚で体得するのです。
それだけで大きな差が出るものです。

 

コード演奏のポイントのもう一つは、音のバランスです。
複数の音のうち、どれを強くして、どれを弱くするかです。
こちらも、美しいコードを奏でるには、常に意識をもって弾く必要があります。
どのバランスが一番良いかという決まりはありません。
曲やパートによって様々に変わるからです。
上達者のレベルになると、演奏者の好みにもよります。

 

コード練習は、難しいテクニック習得ではなく、意識を持つことがポイントになります。
同時性と音のバランスに常に気を配り、よく耳で聞き、ピアノ練習に取り組みましょう。