ピアノ上達のための指トレーニング

ピアノ上達のための指トレーニング

指のトレーニングをしっかり行うことは、ピアノ上達の早道です。
ハノンは指のトレーニング用の教材ですが、ただ闇雲に反復しても効果は限定的です。
それどころか、指を痛めてしまったり、退屈で練習が面白くなくなったりすることもあります。
ハノンの効果を否定するものではありませんが、もう少し良い指トレーニング方法は無いのでしょうか。

 

指のトレーニングの目的は、10本の指全てが、独立して動くようになることです。
ピアノ演奏では、普段の生活であまり使わない指の筋肉まで動員します。
ですから、指が思うように動かず、難しいと感じるわけです。

 

指トレーニングのポイントは、スローテンポで楽曲を弾くことです。
10本の指の独立した動きを十分に意識しながら、弾いてください。
自分の意識通りに動いてないという気付きもあるでしょう。
楽曲は何でもかまいません。
自分のレベルにあった、好きな曲でいいでしょう。

 

ピアノ練習時間外での指の筋肉トレーニングも合わせて行いましょう。
そして、ここで紹介したスローテンポで指の独立を意識する奏法、この2つで指のトレーニングを心がけて下さい。